申請方法

障害年金を請求する流れをご紹介します。まず、対象となる病気についていつ発症したのか、どんな病名でどんな症状なのか、通院歴の詳細を確認しましょう。その際、受診状況等証明書を初診した医療機関で発行してもらいましょう。申請にはかなりたくさんの資料が必要となります。病気になった時は慌てていてあまり覚えていないこともあり、年金を受給するまでの道のりは少し遠く険しいのが現状です。

病院まず記載するのは年金請求書です。国民年金と厚生年金とで請求書が異なりますので注意しましょう。次に、「病歴・就労状況等申立書」を記入しましょう。いつ医療機関を受診したのかどこで受診したのか、日ごろの通勤方法や出勤日数などの就労状況、さらには日常生活状況、障碍者手帳の交付の有無など細かく記載が必要です。その他、「診断書」を医療機関で作成してもらってください。病院を変わっていたりして初診日が容易に特定できない場合「受診状況等証明書」を提出する場合もあります。その他、一か月以内に取った戸籍謄本や住民票、源泉徴収票、学生の場合は在学証明書や学生証の写しなどさまざまなものが必要となりますので漏れがないように気を付けてください。年金事務所の窓口で相談に乗ってもらえますので不安があれば一度訪問してはいかがでしょうか。


Back to Top