障害年金とは

年金にもいろいろと種類がありますが、一番最初に思い浮かぶのは65歳からもらえる老齢年金と言われる年金ではないでしょうか。支払う際は、国民年金と呼ばれているのでそちらの呼び方の方が一般的には有名かもしれません。その他、厚生年金や共済年金、遺族年金などいくつか種類がありますが、対象となる傷病を患った時にもらえる年金を障害年金と呼びます

松葉づえ障害年金は、病気や怪我が原因で生活が困難になったり仕事に支障が出たときにもらえる年金です。国民年金を支払っている場合は障害基礎年金を受給できます。厚生年金を支払っている場合は障害厚生年金を受給できますので一度確認しましょう。支払っていなくても初診日に20歳未満で日本在住であれば障害年金を受給できます。その他、初診した月の2か月までの年金の加入期間の2/3以上の期間、保険料が滞りなく納付されていることや、65歳未満の場合、初診月の2か月前までの1年間に保険料の未納がないことなどが受給できる条件となります。

障害年金を受給するにあたり、障害の重度に分け1級と2級があります。1級の方が重症で、長期にわたり安静を必要とし、傷病が原因でほぼ寝たきりで自由が利かず自分の身の回りのことが自分で出来ず日常生活において他人の手を必要とするものが該当します。2級は、少し軽度ではあり他人の助けなしになんとか生活できるが会社に行くことなどができず労働による収入を得ることが困難な場合該当します。障害厚生年金には、さらに軽い3級も用意されています。


Back to Top